1. PPPポータル
  2. News and Mediaニュース&メディア掲載情報
MENUCLOSE

News and Media ニュース&メディア掲載情報

This page is under construction.

Please contact us (ml-ppp@toyo.jp) for further information on PPP graduate school, including curriculum, tuition and fees, scholarships, academic calendar and admissions.
 
 
 Toyo University is the only graduate school in Japan that specializes in Public Private Partnership. Students from national/local governments, private companies and community sectors learn theory and best practices through lectures, share knowledge and values through seminars and discussions. 日本語のページへ

News and Upcoming Events

Nothing

What is Toyo PPP

 Graduate School of Economics
Course of PPP

 Research Center for PPP

 Asia PPP Institute

 Toyo University's PPP School is a two-year Master's degree course under Graduate School of Economics. It was established in 2006. More than 200 students from both public and private studied in PPP school.

Students can study and finish their degree in Japanese or English.
 Research Center for PPP was established under the PPP School in 2008. At the Research Center, we conduct various sponsored/commissioned researches, publish white paper and collected papers, and host PPP related events.

Graduates of the PPP School participate in researches as “Research Partners.”
 Asia PPP Institute was established in 2011 to extend our activities to Asian countries. The APPPI has conducted researches in the Philippines, Indonesia, and other Asian countries. The APPPI also held short-term capacity building seminars in many countries.

Graduate Program

 Curriculum
The Course of Public Private Partnership is the only Master's degree program in Japan that develops knowledge and skills necessary to realize a new public concept based on a deep understanding of the principles of behavior of both the public and private sectors.

 Credit Requirements for Master's Degree
  1.  Students must complete a minimum of 30 credits is required for graduation
  2. Students must enroll in his/her main rsearch advisor's seminar every semester
  3. Thesis or Research Paper with middle and final presentations and a final oral examination

All students must choose one main resarch advisor and one or two co-research advisor(s) for their thesis or research paper.

Course timetable and syllabuses (in Japanese/English) 

 Specialized courses
 Since the Class of 2013, each students can choose their speciality from "City Management," "PPP Bussiness," and "Global PPP." Each student's specialization will be stipulated on their diploma. Students are reommended to take courses from their specializations in order to strengthen their knowledge. However, students can take any classes of their choises despite their specilizations.

Time table and syllabuses 
 Time table and syllabuses for Academic Year 2018
 Weekdays (Monday through Friday)
Classes are offered in the evening in Otemachi Satellite Campus. 
Class hours: 6:30-8:00 and 8:10-9:40 pm

Weekend (Saturday)
Classes are offered whole day in Hakusan Main Campus. 
Class hours: 9:00-10:30am, 10:40am-12:10pm, 1:00-2:30pm, 2:45-4:15pm, and 4:30-6:00pm
 Professors

Admissions

 The entrance examination for the PPP School is provided only in Japanese. Those who wish to study in PPP School are required to have sufficient Japanese language proficiency in both oral communication and reading/writing. [As of April 2014]
 Enrollment Exam  3 times (Enrollment for Spring Semester: December and March, Enrollment for Fall Semester: August)  Graduate school admission information (in Japanese)
 Enrollment/Graduation  Spring (Enrollment April, Graduation August)
 Fall (Enrollement September, Graduation March)
 Online application (in Japanese)
 Max. number of students admitted  30 students/year  
 Campuses  Otemachi Satellite (Evenings/ Weekdays)
(Shin-Otemachi Building 1F, 2-2-1 Otemachi, Chiyoda, Tokyo 100-0004) 
Hakusan Main Campus (Saturdays) 
(5-28-20 Hakusan, Bunkyo, Tokyo 112-8606)
 
 Class hours  Monday through Friday 
6th 6.30 to 8.00pm, 7th 8.10 to 9.40pm 
Saturdays 
1st through 5th 9.00am to 6.00pm
 Time table (in Japanese)

 Tuition and Fees
  •  Entrance (Admission) Fee* -----270,000 yen
  • Tuition---------------------------600,000 yen
  • Facilities and Equipment Fees----300,000 yen

*The Entrance (Admission) Fee is due only in the first year.

Scholarships and Financial Aids 
  • Toyo Univresity Graduate Scholarship (Category 1)---300,000 yen/year
  • Masajuro Shiokawa Scholarship----------------------100,000 yen/month
  • Tuition Exemption(for International students)------30% of tuition reimbursement

Japanese Government Scholarships and other privately funded scholarships are available for international students. We urge all students to investigate all options, including home country and/or coutry-of-residence scholarships/loans. For students from developing countries, aid agencies and/or multilateral development banks, such as JICA, ADB, World Bank etc., may offer some scholarship programs.


 Recent researches
 Students and Research Partners (Graduates who are qualified to participate in researches after their graduation) have completed following researches: 

 International PPP Forum
 Toyo PPP hosts annual International PPP Forum in fall.

For the information, plase refer to this page for details.

 

Questions and Inquiries
Any questions about Toyo PPP School, Research Center for PPP and Asia PPP Institute, please contact:

ml-ppp@toyo.jp
Toyo University PPP School

Address: 2-2-1 Otemachi,
Shin-Otemachi Building 1st Fl.
Chiyoda, Tokyo, 100-0004 Japan 

Tel. +81-3-3231-1039
Fax. +81-3-3231-1610
Mail ml-ppp@toyo.jp

 

Read more
2018年度 PPPポータルニュース
共通  2019年1月31日  1/25アジアPPP研究所オープンセミナー/1/29 PPP成果報告会が終了いたしました。
共通  2019年1月15日  1/29 PPP成果報告会開催/1/25 アジアPPP研究所オープンセミナー開催(終了しました)
 PPPスクール  2018年12月22日  2019年度1月開催分 入試個別相談の日程と、大卒資格がない方へ事前審査のお知らせ
 共通  2018年12月22日  年末年始休暇に伴う大手町サテライト閉室のお知らせ(1/22~1/3)
PPP研究センター  2018年11月29日   国連PPPワーキンググループ議長にサム田渕教授が就任
PPP研究センター
 2018年8月29日  廿日市市筏津地区公共施設再編整備事業に参加します
PPP研究センター
 2018年6月29日  カ リュウさんより水墨画を寄贈いただきました
PPP研究センター  2018年6月15日
 サウンディング・ゼロ開始のお知らせ
アジアPPP研究所  2018年5月10日  アジアPPP研究所オープンセミナー「総選挙の結果を受けた今後のマレーシアの行方」(終了しました)
 
2018年度 新聞記事情報
2019年02月07日
日本経済新聞
私見卓見=東洋大学客員教授(公民連携) 町田裕彦 インフラ運営の官民連携に誤解  朝刊
27面2段   
 2018年11月21日 建設通信新聞  鎌倉市深沢地区 年度内に中間答申 まちづくり方針実現化委が初会合 来年に市場調査  朝刊  5面3段   委員に増井玲子東洋大PPP研究センターリサーチパートナーら
 2018年10月24日  建設通信新聞  官民連携首長会議 5ヵ所で30日から 国交省ら 最新情報紹介、基調講演も  朝刊  1面2段  総合政策学科根本祐二教授が関東ブロックの座長
 2018年10月10日  上毛新聞  就活の指針廃止 一括採用に一石 政府と議論 根本変革も  朝刊  3面6段  東洋大生がコメント
 2018年10月03日  毎日新聞  経済観測=ローカルファースト研究所代表取締役 関幸子 「恋のしずく」映画はまちづくりだ[原文提供不可]  朝刊  7面3段  
 2018年10月03日  毎日新聞(大阪)  経済観測=ローカルファースト研究所代表取締役 関幸子 「恋のしずく」映画はまちづくりだ[原文提供不可]  朝刊  8面3段  
 2018年09月11日  毎日新聞  ウチの教授=東洋大 根本祐二さん 公民連携で社会豊かに  朝刊  12面3段  経済学部、根本祐二教授がコーナーでとりあげられる
 2018年09月11日  毎日新聞(大阪)  ウチの教授=東洋大 根本祐二さん 公民連携で社会豊かに  朝刊  19面3段  経済学部、根本祐二教授がコーナーでとりあげられる
 2018年09月04日  建設通信新聞  講師に加藤氏派遣 比・セブの東洋大PPP研修で長大  朝刊  3面1段  東洋大学アジアPPP研究所についての記事
 2018年09月04日  日刊建設産業新聞  PPP研修に講師派遣 フィリピン経済発展貢献を 長大  朝刊  2面2段  東洋大学アジアPPP研究所についての記事
 2018年08月21日  富山新聞  ◎魚津市の課題、解決策提案 20歳の挑戦 東洋大生14人、開始式  朝刊  24面1段  根本祐二教授のゼミ生14人が、魚津市の課題解決策提案のため20日~24日まで魚津市に滞在
 2018年08月10日  建設通信新聞  【中国】 東洋大グループを特定 筏津公共施設再編 公民連携手法調査 廿日市市  朝刊  16面2段  廿日市市筏津地区公共施設再編・PPP調査などプロポーザルで東洋大グループに決定
 2018年08月10日  日刊建設産業新聞  【中国版】 東洋大学と長大らGに 大野筏津地区公共施設再編 基本計画策定プロポ 廿日市市  朝刊  4面4段  廿日市市筏津地区公共施設再編・PPP調査などプロポーザルで東洋大グループに決定
 2018年08月09日  日刊建設工業新聞  【中国】 廿日市市筏津地区 東洋大グループに 公共施設再編 PPP調査など 朝刊   13面3段  廿日市市筏津地区公共施設再編・PPP調査などプロポーザルで東洋大グループに決定
 2018年08月02日  東京新聞  西日本豪雨 パネル破損など12ヵ所被害 太陽光発電所 防災なおざり 遅れる国の規制 自治体任せ  朝刊  24面4段  経済学部 中北徹教授のコメント
 2018年07月29日  南日本新聞  PPP/PFIプラットフォームセミナー  朝刊  8面1段  総合政策学科根本祐二教授が講演
 2018年07月17日  毎日新聞  社説=人口を考える 地方自治の将来 市町村とは何か 再定義を  朝刊  5面4段  総合政策学科根本祐二教授の試算が記事に利用
 2018年07月17日  毎日新聞(大阪)  社説=人口を考える 地方自治の将来 市町村とは何か 再定義を  朝刊  5面4段  総合政策学科根本祐二教授の試算が記事に利用
 2018年07月05日  日本経済新聞  経済教室=東洋大学教授 根本祐二 地震に耐えるインフラ対策 「絶対安全」確保へ取捨選択[原文提供不可]  朝刊  27面4段  
 2018年06月25日  河北新報  盛岡市動物公園再生へ 公民連携/企業参画促す魅力必要/計画策定担当 まちづくり会社「オガール」/岡崎正信代表に聞く  朝刊  24面3段  まちづくり会社「オガール」の代表で東洋大OBの岡崎正信代表へのインタビュー
 2018年06月01日  信濃毎日新聞  県民が選ぶ 8・5知事選(12)=第3部 迫る人口200万人割れ(2) 重い負担 県施設スリム化急務  朝刊  2面4段  経済学部、根本祐二教授のコメント
2018年05月23日
 東京新聞  日本橋上の首都高 神田橋-江戸橋JCT間 地下化 国交省と都などルート案 朝刊   24面5段  経済学部、根本祐二教授のコメント
 2018年05月08日  エコノミスト  小中学校統廃合で3分の1に 「地域の拠点」化で公民連携を  6巻 18号    総合政策学科根本祐二教授の寄稿
 2018年04月21日  読売新聞  18歳の1票 今月のテーマ インフラ危機(3)=話し合う 未来像を考える(おわり)  朝刊  15面2段  経済学部、根本祐二教授のコメント
 2018年04月21日  読売新聞(大阪)  18歳の1票 今月のテーマ インフラ危機(3)=話し合う 未来像を考える(おわり)  朝刊  15面2段  経済学部、根本祐二教授のコメント
 2018年04月14日  読売新聞  18歳の1票 今月のテーマ インフラ危機(2)=予測する 人口減 余る公共施設 活用法探る試みも  朝刊  21面3段  経済学部、根本祐二教授のコメント
 2018年04月10日  山形新聞  いまを読む キーマンに聞く=テーマ 公共インフラの老朽化 東洋大教授 根本祐二氏  朝刊  6面5段  総合政策学科根本祐二教授のインタビュー
 2018年04月07日  週刊東洋経済  20年後 ニッポンの難題=朽ちるインフラをどう維持? 水道料金は6割上がる/先生は「テレビ」という教室も 学校ゼロ自治体が発生  6784号    総合政策学科根本祐二教授の試算を発表
 

過去の情報はこちら

Read more