1. 東洋大学PPPポータル
  2. PPPポータルニュース
  3. 2018年度 PPPポータルニュース
  4. 国連PPPワーキンググループ議長にサム田渕教授が就任

国連PPPワーキンググループ議長にサム田渕教授が就任

 東洋大学アジアPPP研究所(APPPI)所長であり、公民連携専攻で教鞭をとっているサム田渕国際学部教授が、国連欧州委員会にあるPPPワーキンググループの議長に就任いたしました。

 このグループは、欧州だけでなく世界の国連ネットワークにおけるPPP推進を担っている国連欧州委員会が設置した各国専門家による第三者委員会であり、国連のPPP政策推進に対して大きな影響力を持っています。

 このたびの定例会合で、米国のアート・スミス氏とともに共同議長に選出されました。これは、田渕教授および本学の今までのPPPに関する教育研究やプロジェクト支援の実績が評価されたものであり、大きな誇りであります。